House-MS-02 調査報告

投稿者:

本日は、昨年12月に行った既存建物詳細調査の報告書がまとまりましたので、その説明に行って参りました。

築50年に迫る住宅ですので、ここは健全でしたよ、という報告がなかなか出来ないのが現状です。
そんな中でも、現実を受け入れつつも未来を考える、それが中古住宅の改修かなと思います。

今回の調査と報告を経て、目指すべき形を色々と模索して、話し合い、一つの方向性が出ました。

出来ることや出来ないこと、やりたいけどやれないことなど、色々な葛藤が渦巻きますが、まずは導き出た形に向けて、基本設計を進めて行きたいと思います。

 

関連記事

  • House-MS-03 樹木調査House-MS-03 樹木調査 お施主様のS様が眺望を大変気に入られて購入を決めた本物件ですが、多くの樹木が植 […]
  • House-MS-01 既存住宅詳細調査House-MS-01 既存住宅詳細調査 「House-MS」は、30代のご夫婦がこれからの住まいの為に購入した中古住宅 […]
  • House-HT-08 躯体工事1House-HT-08 躯体工事1 金物検査 弊社は、全棟で構造事務所による許容応力度計算を実施しています。 […]
  • House-MS-05 温熱設計House-MS-05 温熱設計 基本計画 改修から新築に計画変更した本案件ですが、今回は基本計画から工事契約 […]
  • House-HT-07 上棟House-HT-07 上棟 構造材とJAS製品 今年の梅雨は晴れ間がほとんどなく日程調整に難儀しましたが […]
  • House-MS-04 計画変更House-MS-04 計画変更 前回の投稿を境に更新が滞ってしまいました。 そして、知らず知らずのうちに1年 […]