House-HT-09 躯体工事2

Smartwin取付 何度かご紹介しておりますが、本プロジェクトはSmartwin(通称、佐藤の窓)という超高性能木製窓を採用しておりますが、家の温熱性能向上に大きな効果を発揮するとても有難い窓です。 そんなSmartwinの取付工事が先頃行われましたが、関東近郊では初めての取付現場であったため、佐

続きを読む

House-HT-08 躯体工事1

金物検査 弊社は、全棟で構造事務所による許容応力度計算を実施しています。 耐震等級は「3」を基本としていますが、都市部などで間口が狭いと難しいこともありますので、そういった場合は制振材を併用して耐力向上に努めています。 基本的なこととして、耐震等級が上がると耐力壁の総長が増えますし、1か所の耐力壁に

続きを読む

House-MS-05 温熱設計

基本計画 改修から新築に計画変更した本案件ですが、今回は基本計画から工事契約に至るまでの設計の流れを書いてみようと思います。 まず、基本計画を始めるにあたりお客様と共通認識としてあったのが、家の大きさです。 土地がそれなりに大きいので建物も大きく建てられますが、必要以上な規模で計画すると予算がいくら

続きを読む

House-HT-07 上棟

構造材とJAS製品 今年の梅雨は晴れ間がほとんどなく日程調整に難儀しましたが、昨日無事に上棟することが出来ました。 なかなか日程が決まらず、ご見学を希望しておりましたお施主様にはご不便をお掛けしましたが、朝からご見学出来たようなので安堵しました。 さて、ここでは少し材料のことを書こうと思います。 弊

続きを読む

House-MS-04 計画変更

前回の投稿を境に更新が滞ってしまいました。 そして、知らず知らずのうちに1年が過ぎてしまい、ここまであっという間だったことに改めて気付かされました。 さて、滞ってしまった結論から書かせて頂きますが、改修計画だった本案件は「新築計画」に変更になりました。 変更になった理由については余り詳しくは書けませ

続きを読む

House-HT-06 基礎工事

根切底の確認 地鎮祭も終わり、いよいよ工事が始まりました。 基礎工事は、内容と進み具合の兼ね合いで確認することが多いので、現場へ行く頻度が高くなります。 まずは、遣り方と根切底を確認します。 遣り方は敷地に対する建物位置、根切底は深さや幅がそれぞれ設計図通りなのかを確認します。 この2つは、ここで間

続きを読む

House-HT-05 地鎮祭

地鎮祭 最近、寒空が続いていましたが、本日は地鎮祭を執り行うのに申し分ない天気となりました。 現地は、3区画のミニ開発宅地ですが、本案件は真ん中の区画です。 購入はお客様が一番早かったのですが、現在は両脇の区画共に工事が始まっておりました。 さて、本日はご家族5人(ご夫婦とお子様)で参加されたT様。

続きを読む

House-HT-04 工事請負契約

高性能住宅と窓 見積書の調整が完了しましたので、お客様に工務店と工事請負契約を締結頂きました。 日本の省エネ基準をはるかに上回る温熱性能を有する本案件ですが、外壁仕上げに焼杉を採用したり、内壁仕上げの一部を土壁にしたりと、日本の伝統的な家づくりとこれからの家づくりを上手く融合させたいとのお客様の思い

続きを読む

House-HT-03 実施設計その2

工事見積書を作成する 現在、施工依頼予定の工務店に見積書を作成頂き、内容を精査するところまで進んでおります。 金額としても、おおよそご希望に近いところまでまとまって来ており、取りあえず安堵しています。 弊社は、最初に頂いたご予算を踏まえながらも、設計の段階では極力お客様から頂くご要望を取り入れるよう

続きを読む

House-KRH-04 樹木を伐採する

定点カメラ 伐採に先だって、工事の様子をカメラに収めておきたい、とお客様よりご要望を頂きましたので、施工予定会社の社長である石巻さんにカメラ設置を手伝って頂きました。 殆どの樹木を伐ってしまうので、余り選択の余地はないのですが、それでも全体が映りそうな木を選びました。 設置には、お客様に梯子を抑えて

続きを読む