PHJ本部主催 住宅設備を考えるシンポジウム

パッシブデザインのための住宅設備を考えるシンポジウム 12月9日に東京で行われた「パッシブデザインのための住宅設備を考えるシンポジウム」に参加して来ました。 住宅設備には色々とありますが、ここで語られたのは主に空調のお話です。 一般的な空調方法としてはエアコンがありますが、不快な気流感や乾燥感などを

続きを読む

column040 快適室温を考える

最低室温は何℃が妥当なのか 日本の家は「寒い」ということが常識(当たり前)となっていますが、日本人は「快適に過ごす・暮らす」ということより「多少寒くても我慢する」という価値観が優先されることが影響していると思います。 また、建物を建築する際に最低室温に対する法律がないことも影響して、寒い家を造らない

続きを読む

一般社団法人ロングライフ・ラボ

持続可能な社会構築をめざすためのシンポジウム ちょっと時間が経ちましたが、11月1日に一般社団法人ロングライフ・ラボ(以下、LLL)のシンポジウムがあり、それに参加して参りましたので、その感想などを書こうと思います。 LLLは、私が賛助会員として参加しているパッシブハウス・ジャパンの仲間である清水雅

続きを読む

column039 定常結露計算で比較する

定常結露計算とは 前回のコラムでも書きましたが、防露性能を確認するための計算方法として「定常計算」と「非定常計算」があります。 定常とは、各部の空気温などが時間によって変化がない、各断面の熱や湿気の流量が一定な状態を指しています。 自然現象としてはあり得ない状態ですが、計算をシンプルにすることで答え

続きを読む

PHJ近畿支部 2019第2回勉強会

世界基準の窓を考えるセミナー 省エネ4等級程度の住宅からの熱損失量を考えた場合、冬では60%、夏では75%近い熱量が開口部から流入出しています。 よって、手っ取り早く熱損失量を減らすには、開口部の強化がとても効果的です。 しかし、屋内環境の快適性を考えるならば、外皮の断熱性能も軽視出来ないので、結局

続きを読む

House-HT-02 実施設計その1

ショールーム見学に行く 順調に作業が進んでおりますHouse-HTですが、現在は基本設計が無事に終わり実施設計に入っております。 弊社の場合は実施設計に入って一番初めに、お施主様を設備機器メーカーのショールームにご案内します。 今回は、キッチンはオリジナルにする予定ですが、お風呂はフルユニットバス、

続きを読む

八ヶ岳連峰・赤岳に行く

登山との出会い 今まで殆ど書いていないですが、たまにはプライベートなことを書こうと思います。 私は、以前より登山に興味があったのですが、今までそういった機会になかなか出会えずにいました。 ところが昨年、仕事で知り合った方が登山をするということで、お願いして一緒に連れて行ってもらえることになりました。

続きを読む

ストック建築と住宅医

ストック建築の活用 私が今年から参加している東京建築士会・ストック委員会では、今のストック時代を生き抜くために私のような建築士がどのような知識を習得し、職域を発展させるべきかの調査・検討を進めています。 ストック建築(ここでは既存住宅とします)を性能向上させるためには、単に知識だけではなく、分析力・

続きを読む

湿気と熱を学ぶ

先週、3日間立て続けで勉強会に参加してきましたので、今回は簡単にその報告をしようと思います。   湿気を学ぶ まずは、一社)ミライの住宅が主催した「湿気対策講座」について。 ミライの住宅は、PHJ東海エリアのエリアリーダーも務める森亨介さんが代表をしている団体です。 「ebifit」と言う

続きを読む

column038 定常結露計算を考える

結露とは 日常的に目にすることで言うと、冷えたグラスなどに起こっている結露を「表面結露」と言います。 建築的には、断熱性が悪く表面温度が他面より低下する外壁の隅角部や窓ガラスなどで起こります。 また、結露には外壁内部で生じる「内部結露」という現象もあり、状況が把握出来ないこちらの方が建築的には被害が

続きを読む