新年のご挨拶2024

新年あけましておめでとうございます。 本日は毎年恒例にしております明治神宮への初詣に出かけました。 この時期の混雑具合は平日と休日で違うのですが、平日の今日はさほど並ぶこともなくスムーズな参拝となりました。 さて、現在の弊社ですが、3件の設計中案件、1件の工事中案件、8件のパッシブハウス認定コンサル

続きを読む

年末年始のお知らせ

弊社では誠に勝手ながら、下記日時を年末年始のお休みとさせて頂きます。 ・2023年12月31日(日)~2024年1月4日(木) 私を信頼しお仕事をご依頼下さった皆様、弊社にご協力頂きました皆様 本年も大変お世話になりました。 来年も何卒宜しくお願い申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

続きを読む

H-SN-04 工事請負契約から地盤補強工事

工事請負契約 通常と比較して見積書のまとめに時間を要しましたが、何とか金額の調整が出来ました。 ちなみに、調整の方法は仕様の変更と予算の増額ですが、物価の上昇で工事金額が読みにくい状況が調整の困難さに拍車を掛けましたが、ここまで進んだことに安堵しております。 しかしながら、最近の工事金額の高騰は想像

続きを読む

column057 設計事務所との進め方

依頼先を考える 今回書きたいことの前提の話になりますが、整理する意味も含めて、住宅建築の依頼先について少し書きたいと思います。 まず、基本的なこととして、住宅建築を進める場合は以下の3つの依頼先があります。 ・設計事務所 ・工務店 ・ハウスメーカー いずれにご依頼される場合でもメリット・デメリットが

続きを読む

H-NO-02 基本設計とパッシブハウス認定

プランニング 今回は、ご夫婦と二人のお子様、祖母の5人家族の為に住宅を設計します。 まず、家での過ごし方として、家族団らんでリビングに集まるというよりは、各自が個室で過ごすことが多いとのこと。 また、ファミリークローク的な収納方法はお好きではなく、各個室にクローゼットがある間取りをご希望とのことでし

続きを読む

H-OY-09 仕上げ工事から引渡し

外壁仕上げ 外壁仕上げは、主に「乾式工法」と「湿式工法」の2パターンに分類されますが、木板張りやガルバリウム鋼板葺きなどが乾式工法で、モルタル下地の上に左官(漆喰など)や塗装などの仕上げをする方法が湿式工法です。 今回は、EPS断熱材の上にトップコートで仕上げを行う「仕上げ材一体型EPS断熱システム

続きを読む

H-NO-01 ご相談から設計監理契約

ご相談 ファーストコンタクトは、メールにてご連絡を頂きました。 ご相談内容としては、都内で土地を購入して住宅を新築する計画を検討中とのこと。 土地については、お住まいの地域で10年ぐらい探されていたようで、ようやく希望する条件の土地が見つかったとのことで、並々ならぬ思いを感じました。 さて、毎度のこ

続きを読む

H-SN-03 実施設計から工事見積書作成

実施設計-造作家具編 造作家具はお客様によって様々なご要望がありますが、本計画は多くの本棚をご希望頂きました。 本を収納する棚の場合は、本のサイズが色々あることを考えると、固定棚よりは可動棚の方が適しています。 また、隙間なく置かれる場合は重量もそれなりになりますので、適度な幅で板の厚みも考慮して設

続きを読む

H-OY-08 断熱工事

屋根付加断熱工事 弊社が標準的に選択する屋根付加断熱は、ネオマフォームです。 最大の理由は、材料の断熱性能が良いからですが、他の断熱材と比べて少し単価は高いです。 厚みに関しては、薄くすることによるメリットよりデメリットの方が多いと思っていますので、最近は厚めのt90若しくはt100以外は選択しませ

続きを読む

H-HN-12 完成写真

外観 今回は、季節的に建物完成と植栽工事のタイミングが合わせられそうだったのですが、外構工事全体が遅延したために、写真撮影に植栽工事が間に合いませんでした。 尚、玄関ポーチ部分と2階バルコニーについては、先行して工事を実施したので一部の植栽工事は完了しています。 玄関ポーチについては、初めてゴバイミ

続きを読む