House-HT-03 実施設計その2

工事見積書を作成する 現在、施工依頼予定の工務店に見積書を作成頂き、内容を精査するところまで進んでおります。 金額としても、おおよそご希望に近いところまでまとまって来ており、取りあえず安堵しています。 弊社は、最初に頂いたご予算を踏まえながらも、設計の段階では極力お客様から頂くご要望を取り入れるよう

続きを読む

House-KRH-04 樹木を伐採する

定点カメラ 伐採に先だって、工事の様子をカメラに収めておきたい、とお客様よりご要望を頂きましたので、施工予定会社の社長である石巻さんにカメラ設置を手伝って頂きました。 殆どの樹木を伐ってしまうので、余り選択の余地はないのですが、それでも全体が映りそうな木を選びました。 設置には、お客様に梯子を抑えて

続きを読む

住まいにおける良好な温熱環境

住まいにおける良好な温熱環境とは 先日、久しぶりに慶応義塾大学理工学部教授である伊香賀氏のお話をお聞きするため、東京建築士会とベターリビングの共催で行われた「住宅における良好な温熱環境の実現に向けた実務者講習会」に参加して来ました。 伊香賀氏は、住宅の温熱性能が暮らす方々の健康にどのように影響をもた

続きを読む

エクセルギーを学ぶ

エネルギーは保存されるけど 皆さん、「エクセルギー」という言葉はご存知でしょうか。 私もその言葉を知ったのは大人になってからで、かれこれ7~8年前のことです。 それから、その研究の第一人者で在られる宿谷昌則氏が著した本を読んでは挫折し、また読む、みたいなことを繰り返しておりますが、なかなかどうして、

続きを読む

ストック建築を考える日

住宅医スクール 検定会 本日は、住宅医協会が開催していますスクールにて、住宅医の検定会が行われました。 住宅医の詳しいことは下記リンクをご確認頂ければと思います。 https://sapj.or.jp/aboutsapj/ 私自身はスクールの受講は終わっておりますが、この検定会では「今皆様がどんなお

続きを読む

column041 暮らしの常識を変えよう

冬の最低室温は18℃ 前回のColumnでは「室温」についての様々な基準を書かせて頂きましたが、それらは基本的には最低限の状態を決めるための指標に過ぎませんので、本来はその空間の管理者や使用者によって目指すべき室温を考えなくてはならないことが何となくわかって頂けたかと思います。 その中でもWHOの提

続きを読む

新年のご挨拶

ご挨拶 新年あけましておめでとうございます。 本日、毎年恒例にしています明治神宮への初詣に出かけました。 昨年に続き5日が土日にあたり並んで待つことを覚悟していましたが、そこまでの人出でもなく、また、天候にも恵まれましてよい初詣日和でした。 昨年は会社を法人化しまして新たなスタートを切りました。 仕

続きを読む

年末年始のお知らせ

弊社では誠に勝手ながら、下記日時を年末年始のお休みとさせて頂きます。 ・2019年12月29日(日)~2020年1月7日(火) 本年も無事一年を終えることが出来そうです。 ご協力頂きました皆様、大変お世話になりました。 来年も何卒宜しくお願い申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 Ar

続きを読む

PHJ本部主催 住宅設備を考えるシンポジウム

パッシブデザインのための住宅設備を考えるシンポジウム 12月9日に東京で行われた「パッシブデザインのための住宅設備を考えるシンポジウム」に参加して来ました。 住宅設備には色々とありますが、ここで語られたのは主に空調のお話です。 一般的な空調方法としてはエアコンがありますが、不快な気流感や乾燥感などを

続きを読む

column040 快適室温を考える

最低室温は何℃が妥当なのか 日本の家は「寒い」ということが常識(当たり前)となっていますが、日本人は「快適に過ごす・暮らす」ということより「多少寒くても我慢する」という価値観が優先されることが影響していると思います。 また、建物を建築する際に最低室温に対する法律がないことも影響して、寒い家を造らない

続きを読む