House-KH-11 上棟

投稿者:

山長商店の構造材

本日は、天候にも恵まれ良い建て方日和となりました。

今回使用した構造材は、和歌山の山長商店さんの木材です。
土台は桧、柱・梁は杉の無垢材を主に採用しておりますが、JAS材であるためヤング率や含水率の性能値が担保されているので、信頼のおける材料となっております。

「無垢材は、乾燥方法が全て」といって良いほど重要な部分ですが、木は一本一本元の含水量が違うため画一的に出来ないことが乾燥をさらに難しくしています。
乾燥方法は、大きく分けて天然乾燥と人工乾燥がありますが、それぞれに利点・欠点があります。

ここではその説明は割愛致しますが、山長商店さんは材料の質や経済性を考えて人工乾燥を選択しております。
以前、山や工場を見学させて頂いたことがありますが、良い材料を提供するために努力されていることを感じましたので、総合的に考えて今回の採用となりました。

私としては、今後も乾燥方法を始めとする構造材の品質を保つ方法を模索して、お客様に良い構造材を提供出来るようにしたいと思っております。


関連記事