京都を旅する1

投稿者:

京都を歩く

京都は好きな街の1つですが、ここ数年は出張で京都泊はあるものの旅行として京都に行く機会がありませんでした。
今回も、仕事で大阪まで行ったわけですが、たまにはありかと思い、秋休みと称して京都で下車することにしました。

私は、旅行する時にあまりプランを決めない方だと思いますが、今回は本当にノープラン。笑
大阪から京都に移動してホテルで一泊目の夜を過ごしている時に「さて明日からの3日間、何をしたらいいのかな?」とそんな感じです。

翌日、折角だから行ったことのない場所が良いと思い、今まで行かずに温めていた予約しないと内観出来ない(既に行き当たりばったり。笑)桂離宮に当日券を求めて朝から行ってみましたが、時すでに遅しでチケットは完売。
まあ、そうですよね。笑

さて、あっという間に目的を失ったわたくしですが、「京都に来るといつも行く蕎麦屋にでも行こう」と思い立ちます。
更に何を思ったか「歩いて行ったら面白いかな?」と、大徳寺近くにあるそのお蕎麦屋さんまで桂離宮から歩いてみることに。笑

 

妙心寺へ行く

どのぐらいの時間が掛かるのか、この地点では良く分かっていませんが、ただお蕎麦屋さんを目指しても仕方がないので、途中にあるお寺などに寄ることを思いつき、Googlemapで見てみると「妙心寺」という名前はしているけど行ったコトのないお寺を発見し、最初の目的地とします。

そこそこ歩くと妙心寺に着きましたが、紅葉庭園・特別公開と称して且座喫茶をしておりました。
まだ特段疲れていませんが(笑)、とりあえずお茶を頂くことに。

紅葉を観ながらお茶出来るとは、何とも優雅な時間です。

 

このまま優雅な時間を過ごして居たかったのですが、まだまだ道半ばですので先を急ぐことに。
再度googleさんを確認すると、今度は龍安寺が近そうなので次の目的地とします。

 

龍安寺から金閣寺、そして大徳寺へ

妙心寺までは幹線道路沿いを歩きましたが、あまり大きな道を歩いても面白くないので、今度は京都の小道を歩きます。
京都の生活が感じられる住宅街を歩くのは、これはこれで楽しいですね。

そんなこんなで龍安寺に到着です。
龍安寺はさすが有名どころで、修学旅行らしき学生で一杯だったので、内観はせずここはスルーです。笑

ここまで来ると京都を知っている方にはお分かりだと思いますが、次に近いのは金閣寺ですね。
まあ、金閣寺にも人がたくさんいることはご想像の通りですので、ここも門の写真だけ撮って次なる目的地の大徳寺へ向かいます。

 

大徳寺に到着すると12時半になっておりまして、ここまでの所要時間は約2時間半です。
これが早いのか遅いのか良く分かりませんが、お昼時には着くことが出来たので工程としては良い感じです。

ここでお蕎麦屋さんと大徳寺見学のどちらを先にするか迷いましたが、お昼時でお蕎麦屋は並んでいることを想像して先に大徳寺を見学することにします。

 

大徳寺・黄梅院の紅葉

大徳寺は過去に何度か来たことがありますが、20か所以上の塔頭が並んでいるお寺で、そのいくつかは紅葉の季節に特別公開などをしています。

今回も歩いていると、黄梅院が特別公開をしていたので、門をくぐってみました。
それなりの人が見学をされていましたが、金閣寺や龍安寺に比べると人は少ないと思いますし、年配の方も多いので静かに紅葉を感じられるのは良いですね。

ゆっくりと秋の京都を感じたい方にはお勧めです。

 

30分ほど見学して、時は13時となりました。
満を持してお蕎麦屋さんに向かいます。

 

手打ち蕎麦 かね井

お蕎麦屋さんは「手打ち蕎麦 かね井」という店名で、大徳寺から南下すること3分位の場所に位置します。
いつ頃このお蕎麦屋さんを発見したかは定かではありませんが、コロナ禍を挟んで4~5年ぶりの訪問なので今でもやっているのか?少しドキドキしていました。(ノープラン派なので、事前調査とかはしません。笑)

やっていました。笑

 

やっていたのは良かったですが、美味しいから当たり前ですよねって感じで、13時過ぎてもまだ並んでいました。
しかし、どうやら私は最後のお客さんになったようで、ギリギリお蕎麦にありつけるという幸運。笑

並んでから50分ほどして店内に案内され、美味しいお蕎麦を堪能しました。
※上の写真は最後に待っている時に撮影しましたが、店内は撮影NGでした。。

 

ここで当初の目的を果たしてしまったわたくしですが、特にやりたいことも思いつかないので、四条駅近くのホテルまでこのまま歩いて帰ることにします。

で、googleさんを確認すると、道中に京都御苑があることを発見。
「新宿御苑は行ったコトあるけど、京都御苑ってないかも?」ということで、次なる目的地を京都御苑として歩き出します。

 

京都御苑

京都御苑に着くと、入館時間ギリギリで京都御所に入れそうでしたが、人がたくさんいたのでここもパスです。

お気づきの方がおられるかは分かりませんが、わたくし、人がたくさんいるのが好きではなく。笑
まあ、コロナ禍ということもありますが、広大な御苑を歩いた方が気持ちよさそうだったので、このまま散歩を継続します。

 

御苑内を歩いていると、普通に犬のお散歩をしている方とかもいらして、日常的にこういう場所に来られるのはやはり良いですね。

さて、御苑を歩きながら何となくコーヒーが飲みたくなりまして。
そういうことで、次はカフェへ行くことにします。

ここで、何度目の登場か分かりませんが、googleさん再登場。
近くのカフェを検索すると、いくつかあるっていうか、たくさんのカフェがありまして(笑)、とりあえず目についたクレープのあるカフェに向かいます。

 

お一人様専用カフェ・Café MONTAGE

目的のカフェにたどり着くと、並んでいる人が。
並んでまでそのお店が良いとの感情はなかったので(笑)、周りにないのかと少し歩いてみることに。

すると、一目ではカフェなのか分からない地下にあるそれっぽいお店を発見します。
恐る恐る入ってみると、「なんだ、今の私にピッタリのカフェなのでは!」という、普段はコンサートなどもやっているお一人様専用のカフェでした。
Café MONTAGE(カフェモンタージュ) → Cafe Montage

「カフェの形をした小さな劇場」というコンセプトの店内には、レコードから流れるクラシックが物静かなお店を素敵に演出しており、今日という日を締めくくりにはとても良い場所でした。

 

東京にもこういったお店があれば行きたいなと思い検索してみましたが、一人でも行ける・楽しめる的なお店はありそうですが、お一人様専用はなかなかなさそうです。

ここまで書いて1つ思い出しました。
以前に私が設計させて頂いたカフェがありますが、そのカフェ(Café Shukran)が現在は「週末の大人限定お一人様カフェ」として営業しております。
紅茶と焼菓子のcafe Shukran

完全予約制のようですが、固定メニューはなくその季節に応じたスイーツと紅茶を楽しめるそうなので、良かったら行ってみて下さい、という最後は宣伝で締めくくりたいと思います。笑

ここまで長文を書くつもりはなかったですが、折角なので二日目へと続きます。
私の人となりは分かるとは思いますので、良かったら続きもお読み下さいませ。

☆二日目はこちら → 京都を旅する2

関連記事